nagi0307’s blog

認知の母とバツイチ子なし娘の奮闘記

スポンサーリンク

怖いくらいに穏やかです 薬のせい?

夕方、病院へ行くと母は眠っていました。食事も半分眠っているような感じで、

食べましたが、心配です。

もう、いちいちジタバタしない、と決めたのに なかなかどっしりと構えられません。

 

介護離職、本当は今、自宅介護に入って ディサービスの予定と照らし合わせて

就活中だったはず。 勧められた案件は、いくつかありますが、いつ動けるのか

わからないのに動きようがありません。

 

愚痴っていても仕方がないし、何も始まらない。ただ、笑えない。気持ちが、沈む

ばかりです。 何とか成る。(成らないけど) そう思って取り組むだけ。

 

一日過ぎるのが早すぎる。 信じられる自分になりたいです。

歳だけとって、甘すぎる。よ~く、考えて行動しよう。

 

ヤル気と塞ぎ込みが、波のように交互に来る。

食事を拒否しないので、今回は点滴の必要がありません。 側にいる者には、

助かります。

よく寝ていました。薬のせいかもしれません。

 

先が見えないことには、変わりありません。 どこまでも、試されているような

心晴れ晴れとなる日が、来るのでしょうか。

 

また、一日を無駄にしたようで、じわじわと焦ってきます。 何を どうすれば

いいのだろう。 いい歳して、もたついて 上手く歩けない。

そもそも、ゴールが見えない。

 

諦めない気持ち、と 投げ出さない覚悟 これで 何処まで進めるだろう?

自分の中の壁を ぶち壊したい。 

何を やっているんだ、私は。

 

誰のために生きていますか?自分自身と大切な人・・・

ようやく少し 母は落ち着いたようで、拘束手袋と両腕の拘束も外されていました。

これからを思うと、塞ぎ込んでもいられません。

何をするにもお金がかかる、節約だけでは追いつかない。やれることは、

なんでもしよう。 母がいるから頑張れるのに そのために制限が出来る。

 

全部、任せてひたすら働く、それも選択のひとつ。 そうなると支払いのために

働いて、母との時間は削られる。

それを 選ばず自宅介護に決めたのに 結果が、再入院・・・

独りよがりだったかもしれない。 後悔ばかりで、イヤになる。

 

どうしたものか、答えがなかなか見出せない。 もがきながらも答えを

出して、進まなければいけない。

 

何もかもが イヤになって投げ出したくもなるけど、実際そうはしないだろう

と自分でわかってる。 守りたい、守るべき人がいるから・・・

ベタでも、明日を信じよう。

まず、信じられる自分になろう。

 

 

 

 

 

何もかもが、裏目に出る気がしてならない

また、母の入院生活が始まる。 気持ちをどう奮い立たせれば

いいんだろう。 まったく、力が入らない。

いつまで続くのか、私が壊れずにいれるのか、正直 キツイです。

 

何も、光明が見えない。 世の中、辛い人は、たくさんいる。

泣き言より、考えることがあるはずだ。 自分が、粉々に砕け

散っていくようだ。 

 

生きること、肩の力を抜いて すいすいと歩いていけたらいい

のだけど、私には、出来ない。

今日は、朝、昼以外は病院にいました。

 

嘆きは、空へ。 頑張るしかない。

ゼロでなくマイナスからのやり直し、心が折れています

集中治療棟から普通病棟に移りました。 明日、ケアマネさんを交えて病院で

今後の話し合いをするのですが、正直 希望が見えません。

せっかく、ここまで来たのに・・・の思いが強くて また繰り返しなんだ、と心は

沈んだままです。

 

なんで こうなるんだろう、 何が、悪いんだ? 素直になれない。

現状を受け止めることを拒否している。

 

なんだ、かんだ言ったって 逃げれない。 当たり前だ。 自分の親なんだから。

どうなっても 私の心の真ん中に母はいる。

こんなことで どうする。と叱咤激励も 実に虚しい。 まったく響かない。

半年の入院生活にピリオド打って、玄関入って 部屋に入ることなく また

病院だなんて。

 

やりきれないけど、 母は痛い思いもしてだから もっと切ないだろうと思う。 

ただ、実際は 何が、どうなっているのか、よくわかっていないと思う。

 

哀れで、悲しい現実です。

自宅介護の難しさを痛感しています。 気持ちをリセット出来たら

いいのですが、どうしても5~6歩 進んだ歩みを なかったものに

出来ない。

 

身も心も 寄り添っても 儚い手ごたえです。 それでも 落ち着いて

穏やかな状態だったのに。

とにかく 悔しいです。 気持ちを 出来る限りまっさらにしよう。

 

明日、希望を感じられますように。

 

退院からの入院なんて、どこまで幸せが遠いのだろう

無事に自宅に帰って、車椅子を玄関から上げる間に待機していた椅子から

滑り落ちたようです。左目あたりを階段に打ち付けて、ぱっくり切れて、かなり

血が出ました。またしても、救急車のお世話になりました。

 

細かく縫ってもらい、今は集中治療棟にいます。2,3日で退院できるとは

思いますが、疲れました。

また拘束で認知も進み、体力も奪われ 自宅介護は無理なのか、と思ったり。

眠れない夜になりそうです。

 

運、不運って、ありますね。 幸運を引き寄せる力って、どうすれば身に

つくんだろう。

こんなこと、考えている時点で、幸運は目の前を過ぎっていくんだ。

 

明日、ケアマネさんと次の介護サービス担当者との面談日だったけど

延期です。 笑える毎日が、目標ですが、めまいがしそうです。

 

ぎりぎりの気持ちで、踏ん張っているけど いつまで 頑張れる?

泣いたりしないけど、笑えない。 笑い方、忘れた?

 

どこで、間違ったのかなあ・・・それでも、生きていくしかない。

大事にならなかったことに感謝しよう。 そして、喜ぼう。

 

退院前日、嵐の前の静けさかもしれない

半年ぶりの我が家に帰ってきます。

多分、何処へ行くの? ここは、何処? になると思います。

自分の気持ちを上手く舵取りできたら。 そればかり、考えています。

 

93歳の母です。 つい来年は・・・なんて思ってしまう。 出来る限り

いっしょにいる時間を持ちたいと思うけど 働かないと・・・

 

それにしても 母は我慢することが、当たり前でわがままを言う

ってことが、ありません。 かなり 切ないです。

 

認知で、とんでもないことを言い出すけど、私が怒ると 「ごめんね、

ごめんなさい・・・」 そのあと、「なんだか、わかんないけど・・・

ごめんね」 って調子です。

 

イラっとしたら目を閉じて、深呼吸がいいそうです。

どうかな?(笑)

 

食事は、膳粥・極刻み 創意工夫でメニューを考えれば、なんとか

出来そう?です。

料理は、得意ではないけど 作るのは好きなので、半年間のひとり暮らしで、

好き~にやってたから、スイッチの切り替えが必要です。

 

明日が待ち遠しいような 怖いような 微妙で複雑な気持です。

。 個人情報の安全管理 当社は、個人情報の漏えい・紛失防止のため、また正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。 ご本人の照会 お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。